サロンのご案内

店内イメージ

アロマボディセラピー私然体へようこそ

「私然体」というのは
然る(しかる)べき自分の体に戻る
本来のあるべき自分の体に戻るという意味を込めています。

長時間のパソコン作業による肩コリ、腰痛、眼精疲労
長時間の立ち仕事によるむくみ、足腰の痛みなど
痛みや疲れ、ストレスを抱えたままでは少しずつ体の動きと心の元気は小さくなっていきます。

頑張っているからこそ自分の体を大切にメンテナンスして、カラダもココロも軽くなって、
プラスのエネルギーを蓄える!

まずはお気軽にお越しください。


◆植物の力溢れるオーガニック精油使用

品質と香りの良いフランスの精油ブランド「ラドローム」を使用しています。
「ラドローム」で不足する精油は「ル・コントワールアロマ」、「フロリアル」を使用しています。
いずれも高品質なフランスのオーガニック精油です。

●ラドローム
フランスのプロヴァンスにあるラドローム・プロヴァンサルSA社というオイルメーカーの製品で、ロットごとに成分分析表が添付されています。
フランス・エコサート認証とベルギーのBIOギャランティー取得のオーガニックBIO精油。

ラドローム・プロヴァンサル社はフランスのプロヴァンス、ヴェルコールの間に位置するドローム渓谷にあります。
ドローム渓谷はさまざまな花が咲き乱れる、陽光溢れる土地で、アロマを始めとしてメディカルな植物の栽培で有名です。
採れたての原料があるため、エッセンシャルオイルの生産に関して最善の場所です。
クオリティーに関して周りの親しい契約農家の協力のもと、オーガニックにこだわっています。
またオーガニックにこだわっているだけでなく、リサイクルペーパー、植物由来インクを使うなどパッケージにおいてもこだわっています。

※エコサート(ECOCERT)とは
ヨーロッパで規定されているオーガニックの基準を満たしているかを厳しく検査し、認定を行う第三者機関です。
フランスの団体ですので、フランスのブランドにつけられる場合も多いですが、すでに世界スタンダードとなり、オーガニック認証団体の世界基準とも言われています。
国際的な第一級の有機認定マークのひとつとして、高い評価と信頼を得ています。

※ベルギーのBIOギャランティーはベルギーのオーガニック認証

認証を取っていないものは野生種で一般的にはオーガニック栽培のものより野生種の方が希少で良いとされています。

◆1日2名様限定 完全予約制プライベートサロン

当サロンはセラピスト1名が全力でお客様のお身体と向き合うため、
完全予約制で1日2名様までとさせていただいております。

早めにご連絡をいただけますとご希望日時のご予約が取りやすいです。

ツライ肩こりなどの症状がピークに達してしまい
「今日!今すぐ何とかしたい!!」ということもあります。
(実は私がそうでした)
そんな時は一度お電話にてご連絡くださいませ。

当日予約はお電話のほうが確実です。 

TEL.052-265-9912

※予約状況によりお受けできない場合があります。

◆施術後はオリジナルブレンドのオーガニックハーブティー

施術後はオリジナルブレンドのオーガニックハーブティーをお楽しみください。
ハーブティーが苦手な方でも「美味しい」と好評で購入して帰られる方もいるこだわりのハーブティーです。

● 香輝 デトックスブレンド 一番人気!
抗酸化作用のあるルイボスティーを基本としているため、大変飲みやすく人気です。
どくだみ、フェンネル、ペパーミント、レモングラスがブレンドされています。  

● 華美 美容ブレンド
ビタミンC爆弾と言われているローズヒップに疲労回復によいクエン酸を含み軽い酸味のあるハイビスカス、贅沢な香りのローズ、美白に良いヒースなど美容にこだわりました。
その他、ローズマリー、スギナ、ネトルなどビタミン、ミネラル、利尿作用のあるハーブを使った贅沢ブレンド。

セラピスト紹介

アロマセラピスト
小島 優子

●資 格
 IFA国際アロマセラピスト連盟 セラピスト
 WATEC世界アドバンスセラピー セラピスト
 日本メディカルハーブ協会 ハーバルセラピスト
 ナード・アロマテラピー協会 アロマ・アドバイザー

●出身地 名古屋市天白区
●出身校 武庫川女子大学 短期大学部
●星 座 いて座(冒険好きらしい)

・体育科卒なのに運動は苦手
・前職はプログラマーで、当時は肩コリがひどすぎて自覚症状がなかった
・手が丸々としているため、お客様から「マシュマロタッチ」と言われているのが嬉しいような、ちょっと悲しいような・・・(笑)


実は全く興味がなかったアロマセラピー。
何の趣味もなく、少しだけやってみようかなとメディカルアロマであるナード・アロマテラピーの教室に通ってみたところ、思いがけず面白かった。
「精油は香りが良いだけじゃないんだ、身体に作用するんだ」と知ってアロマトリートメントを学び始め、1年間通ってIFAの資格を取得。

資格を取ったものの、すぐにはセラピストの道には踏み出せず、興味があったハーブを学び始めました。
そのきっかけは花粉症。
アロマの教室ですすめられたハーブサプリメントの「ネトル」を飲み始めて、ひどかった花粉症が少しずつ改善されていくことでハーブに興味を持ちました。
精油は使い方が少し難しいけど、ハーブなら飲める。いろいろな使い方もある。
そうして精油やハーブを使い自分でスキンケアローション、保湿クリームを作り、基礎化粧品を買わなくなりました。

IFAの講座でイギリスから来日されたジョアンナ・ホアと出会い、リンパドレナージュを勉強。
さらにタティーナ・センブリーニ先生のディープティシューの講座で筋肉を意識したトリートメントと出会い、「こんなトリートメントなら私が受けたい!!」と思うようになり、オーストラリアのトリートメントがそれに近く、日本語でも教えてもらえることを知りました。
でもオーストラリアって遠い・・・。
そんなことを思いながら前職の仕事をしておりました。
数年の間セラピストになることをあきらめきれずにいたところ、本屋さんで見つけた鏡リュウジさんの「いて座のあなたへ」を見て「今しかないっ!」と半年計画で仕事を辞めてオーストラリアへ!
(単純すぎて勢いのみ)
1ヶ月間オーストラリアでリメディアルセラピーを学び、帰国後すぐにサロンを開設準備。
2015年2月 サロン開設。


私も以前の職では毎日パソコンで8~9時間以上作業をしていました。
「肩こり」がひどすぎてあまり自覚ないほどでしたが、実は頭痛、原因不明の歯痛に現れていました。

また一日中座りっぱなしせいでひどかった「足のむくみ」。
帰りにブーツのファスナーが上がらない、そして知らず知らずのうちに太くなる足が悩みでした。

私は先に英国式のアロマセラピーを学びました。
英国式のリラックス中心の施術も素晴らしいし、むくみが取れて深く眠れるところが大好きなのですが、私のようなひどい肩こりを解消するには時間がかかると思い、もっとダイレクトに筋肉に働きかける施術を探して代替医療先進国であるオーストラリアの「リメディアルセラピー」にたどり着きました。

リメディアルセラピーは「オーダーメイド」の施術と言われています。
それはお客様の一番の悩みを解消するためにカウンセリングを行い、

「今日一番時間をかけて欲しいところ」を決めていきます。

限りある施術時間内でお客様が一番気になる部分を中心に施術を行うことがほとんどです。
時間配分も一緒にお伝えします。
(施術の最初に行うボディチェックで一部内容を変更する場合がございますが、必ずご相談致します)

当サロンのお客様は30代後半から50代のお客様が中心です。

駅から近いマンションの小さな1室にベッド1台のサロンで華美なところはありませんが、
「このプライベート感が落ち着く」と皆様からお言葉をいただいております。

肩こりやむくみは毎日蓄積されます。

そして自分の動き、やる気を奪っていきます。

「この肩こりさえなければ・・・」

「このむくみが解消されれば・・・」

貴方がそう思ったときに駆け込めるサロンを目指しています。